関節痛が最近ひどい…その原因はもしかしたら血行不良かも?

関節痛が最近ひどい…その原因はもしかしたら血行不良かも?

関節痛が最近ひどい場合には、その原因は血行不良にあるかもしれません。
ですから、血行をよくすることを考えるといいかもしれません。

 

まずはストレッチをして関節にスムーズに血液が流れるようにしましょう。

 

 

ストレッチは関節痛にも効果を期待することが出来ます。
ただ、関節が痛いわけですから、痛いところまで伸ばす必要はありません。
痛くない範囲でするのが関節痛時のコツです。

 

ストレッチは気持ちがいいところでやめておくようにします。
無理にするものでもありません。

 

出来る範囲でやるというのが基本と考えるといいでしょう。
ストレッチで血行が良くなるのは、筋肉を収縮することになるからです。

 

ストレッチは以外と筋肉使うものです。
きっちりとすると、有酸素運動とも考えられるぐらいのものですから、これはかなりの筋肉を使うことになるのです。

 

筋肉を伸ばすというのは適度な刺激を与えてくれるものともなります。
血液は刺激のあったところに集まることになるので、こうした意味でも血行が良くなるのです。

 

血行が良くなると細胞の作成に必要な栄養素が十分に細胞にもたらされることになります。
すると、新しく作られる細胞が正常なものとなりますから、関節痛にも効果を発揮するようになるというわけです。それと並行してすり減ってしまった軟骨を再生する成分が入った北国の恵みなどのサプリメントを摂取するのもおすすめです。

 

血行不良の改善方法としては、ストレッチの他にも食事をバランスよく食べるということや、ストレスを受けないようにするということも大切です
ストレスを受けると人は筋肉を収縮させて緊張状態を作るようになります。

 

そうすると、細胞の作成に使われる栄養が別のところに使われてしまうことになります。
関節痛の周辺の細胞に行くはずだった血液が別のところに使われてしまうことになるので、ストレスは大敵なのです。

 

しっかりと良く寝て適度なストレッチをして、健康的な生活を送ることで血行を良くして関節痛を改善していくようにするといいでしょう。
これはそのまま予防にもつながることになります。

 

血行を良くするには「規則正しい生活」がベース

血液の状態は毎日の生活習慣によって変わってきます。
例えば脂ものの多い食事をよくとるような人は血液がドロドロになりやすいので、血液の流れも悪くなってしまいます。
その他にもストレスが多い生活や睡眠不足、運動不足といった生活習慣が続いてしまうと、血行も悪くなってしまい、肩こりや腰痛、血管内に血栓ができてしまったり、血管そのものが固くなってしまうなどのさまざまな症状が出てくる可能性が高くなってしまうのです。

血行をよくするためにはまず悪い生活習慣を改善していく必要があります。
まず大切なのは栄養バランスの良い食事を毎日に三食しっかりと食べるということです。
夜も早い時間に寝るようにして、できれば6時間くらい平均して睡眠をとれるようになるとそれだけでも血行をよくすることにつながります。

そしてストレッチなど少しでもいいので身体を動かす習慣を作ることができれば、血行をよくして、不摂生な身体を改善していくことができます。

血行を良くするには「食事・半身浴・運動」がおすすめ

血行をよくして健康な身体作りに必要なのは、身体がきちんと活動するための栄養バランスの良い食事と適度な運動です。
特に食事の内容は健康状態を左右するくらい重要ですから、毎日三食規則正しい時間に食べるようにして、食べる時もまず汁物から飲むようにして、野菜を食べ、それからタンパク質の多いメインのおかずをとり、最後にご飯などの炭水化物を食べるなど順番を気にするようにするとより良い効果を得ることができます。

また定期的に運動をすることは、エネルギー消費を促進してくれることにつながりますし、筋肉も使うことでほぐれて血液の流れをよくする効果があります。
汗を軽くかくくらいの運動をしていると老廃物を排出することもできるので効果的です。

汗をかく習慣がない人は、半身浴がおすすめです。半身浴は下半身だけ温めのお湯につかっているので、普通の入浴よりも心臓への負担を軽減してくれる効果があります。
そしてしっかりと温まって汗をかくことができるので血行をよくする効果が期待できます。